MENU

ピッコマ『4年生』6話感想・ネタバレ:ウビンは愛情不足なのか?

4th-grade-06
目次

『4年生』6話の見どころ・ネタバレ

1.身内に相談するが気にしすぎと言われる

ミリンは実家に帰って、ウビンのことを母親に相談するが、真面目に取り合ってはもらえなかった。(あげく、子供を産まずに、育てていないからだと指摘されてしまう)

彼氏のジョンハにも相談するのだが、そこまで真剣には相談に乗ってもらえなかった。

こればかりは「実際にウビンの行動を見ていない」人からしたら、何が問題なのかわかりにくいだろう。

ましてや小学4年生がすることなので、真剣に考えてくれる人も少ない。

2.ウビンのことをかまってあげるようになるミリン

ミリンは、キム先生やジョンハのアドバイスでウビンは「愛情不足」かもしれない、という指摘を元に、放課後にウビンとふたりでトッポッキを食べに行くことにする。

ここでウビンはミリンに注意されるぐらい、大量にトッポッキを食べてしまい、結果として、吐いてしまうのであった。

4th-grade-06-img

©Kakao piccoma Corp.:吐くほど食べてしまうウビン

直前まで、普通に食べれると言っていたのに直後に吐いてしまうのに、また奇妙さを感じてしまう。これもミリン先生にかまってもらうための手法なのだろうか?

前回の記事↓
》『4年生』4話、5話感想・ネタバレ:後悔するミリン

『4年生』6話の感想・考察

今回、ウビンの両親は共働きで、夜まで帰ってこないということがわかった。「愛情不足」というのはあながち間違っていないのかもしれない。

何かしら、家庭環境の歪みで、ウビンがおかしくなっている可能性はある。

コメント

コメントする

目次