MENU

ドラマ『相棒20』19話感想・ネタバレ:冠城亘最後の事件―仇敵

aibou-season20-19
目次

『相棒20』19話のあらすじ

特命係の杉下右京は最近、冠城亘に“春”が来た――つまり恋人ができたのではないかと勘繰っていた。このところ、そそくさと帰ることが多くなったばかりか、“野暮用”という名目でサイバーセキュリティ対策本部・青木年男との約束を2度もすっぽかしていたのだ…。

同じ頃、8年前に鑓鞍兵衛を襲撃した京匡平という男が出所し、再び鑓鞍を狙っているという情報が浮上。日下部や美彌子が状況の把握に乗り出す。

© tv asahi:相棒20

『相棒20』19話の見どころ・ネタバレ

1.鑓鞍兵衛の襲撃犯が出所

鑓鞍兵衛(やりくら ひょうえ)を8年前に襲撃した犯人・京匡平(かなどめ きょうへい)が出所をし、再び鑓鞍を襲撃しようと企んでいるという情報が出回る。

aibou-season20-19-img

© tv asahi:本当に再び仇討ちをするのか気になっている杉下右京

匡平は王隠堂鷹児(おういんどう たかじ)が鑓鞍から公認候補を外され、選挙に落選し、その後、事故死したことを逆恨みしているらしく、襲撃を1度失敗した今でも、鑓鞍のことを恨んでいる。

王隠堂の父親も同じ理由で鑓鞍を恨んでおり、ふたりして鑓鞍襲撃の計画を練ろうとしていたのであった。

今回のメインの話となってくるのは「鑓鞍への再襲撃をいかに防ぐか」だと思われる。襲撃を企んでいる王隠堂の父親や匡平の動きには一貫性がなく、警察に犯行の計画がバレてしまうし、父親も一度逮捕されてしまう。これは何かの前準備なのだろうか?

右京たちが「仇討ちが出来るのは妹ぐらい」という話もしていたので、実は妹も匡平たちとグルなのではないかと疑いたくもなる。あと、新しくSPとして入った津崎真茅(つざき まち)も怪しい雰囲気を出していたので、匡平と関係があるのだろうか?

2.京匡平のネット配信

獄中で「鑓鞍を再び襲撃する」と言ったり、出所後、王隠堂の父親と襲撃の計画を練ろうとしたりと警察に喧嘩を売るような立ち回りをしていた匡平だが、ここにきてネット配信で告発を始める。

匡平はデマや本当のことを織り交ぜながら、自分に有利になるような配信をして世論を味方につけようとする。選挙中の鑓鞍のイメージも下がったので、落選させるのも目的の1つなのかと思わされる。

匡平は服役中に何かしらの計画を練っていた可能性がある。そうでもしないと、ネットでの告発など、スムーズに出来るとは思えない。獄中に誰か仲間ができたのか、それとも単独で考えたのかまではよくわかっていない。

3.冠城亘のスキャンダル

冠城亘が女子中学生と夜な夜な会っていたというスキャンダル記事がばら撒かれる。亘は事実無根だと言い、会っていた相手も「従兄弟の娘」だと言い張る。しかし、上層部を始め、亘の日頃の行いが悪かったのか全く信じてもらえない。

かくいう相棒の右京も「従兄弟の娘」という部分については信じておらず、右京は直感で誰が相手なのか確信するのであった。

亘が会っていた相手は社美彌子(やしろ みやこ)の娘であるマリアであった。どうやら、美彌子の口ぶりだと亘と会っていたことは知らない様子であった。

こちらはこちらで鑓鞍とは全く違う事件のか、それともどこかで交わってくるのかは予想がつかない。マリアの件は「冠城亘の卒業」とも関わってくるイベントとなりそうだ。

前回の記事↓
》『相棒20』18話感想・ネタバレ:刑事の勘は時代遅れなのか?

『相棒20』19話の感想・考察

一度、襲撃を失敗した京匡平(かなどめ きょうへい)が、まったく同じ手段で襲撃をするとは到底思えないので、今回は誰か他に協力者がいるのでは?と予想できる。

協力者として想像できるのが、王隠堂鷹児の妹・美馬とSPの津崎真茅のふたりである。美馬は恨みがあるのはわかるのだが、津崎に関してはなぜ、怪しく描かれているのかわからない(8年前に鑓鞍を守って、お腹を刺されたことが何か影響しているのだろうか?)。

冠城亘は元上司の日下部彌彦(くさかべ やひこ)には、社美彌子の情報はほとんどないと言っていたが、がっつり娘と知り合いになっていたので、嘘をついていたのがわかる。しかし、美彌子のツテ以外でマリアと知り合っているっぽいので、知り合ったのはただの偶然ということもあるだろう。

\ 無料お試し期間30日あり /

コメント

コメントする

目次