MENU

ピッコマ『シャーロットには5人の弟子がいる』登場人物・主要キャラ・用語まとめ

charlotte-has-five-disciples-character
目次

シャーロット・エレノア(アリア・リッセン)

charlotte-has-five-disciples-charlotte charlotte-has-five-disciples-aria

©Kakao piccoma Corp.:(左)大魔導師シャーロット・エレノア (右)若返ったシャーロット・エレノア

本作の主人公。「災いの日」を救った英雄として「大魔導師」と呼ばれるようになる。

その後、弟子を5人育てて、その弟子たちも「大魔導師」と呼ばれるようになる。その結果、シャーロットは「稀代の天才」とまで称される。

見た目は若いが年齢は121歳を数える。寿命が近く、体にガタがきていたシャーロットは、自ら死を選び自分のマナと肉体を大地に返そうとする。

しかし、本人のささやかな未練であった「恋愛ができなかった」という思いが、彼女を転生させ、若返った状態で生き返るのであった。(若返ったが、もう大魔導師としてのマナは失われてしまっている)

若返った後は、リッセン伯爵家の「アリア・リッセン」と名前を変えて生活している。

ジェフリー・テン・ルイスター

charlotte-has-five-disciples-Jeffrey

©Kakao piccoma Corp.:ジェフリー・テン・ルイスター

クラウス帝国の大公にして、ソードマスター。

シャーロットとは親友であり「ロティー」と呼ぶ。シャーロットが子供の姿になってもいち早く気づいた。

フェイダン・シルバイン

ルイスター大公家所属の騎士。シルバイン侯爵家で、23歳、未婚。

シャーロットの後見人として、ジェフリーに使命される。アリア・リッセンが大魔導師シャーロットであることを知っている数少ないひとり。

ジュディス・ヘルフォード

アリア・リッセンの後見人・フェイダン・シルバインのいとこ。アリア・リッセンの友人として、一緒に育った女の子。

ジェロン・ヘルフォード

アリア・リッセンの後見人・フェイダン・シルバインのいとこ。アリア・リッセンの友人として、一緒に育った男の子。

カルシリオン・トレゼ・マーベル

シャーロットの1人目の弟子。マーベル帝国の皇帝。

エヴァン・セルビル

charlotte-has-five-disciples-Evan

©Kakao piccoma Corp.:シャーロットの弟子・エヴァン

白髪の男性、シャーロットの弟子であり、大魔導師でもある。弟子たちの中で、もっとも才能が優れている。

ダン・モルテ

©Kakao piccoma Corp.:シャーロットの3人目の弟子ダン・モルテ

黒髪の男性、シャーロットの3番目の弟子であり、大魔導師でもある。

「黒い月」の隊長。魔族の血を引いている。

キルハルト

charlotte-has-five-disciples-Kirhard

©Kakao piccoma Corp.:「黒い月」副隊長キルハルト

「黒い月」の副隊長。

用語解説

クラウス帝国

騎士の地、ソードマスターであるルイスター大公が収める国。

アベンタ

クラウス帝国の首都。

マーベル帝国

魔術師の国。

コメント

コメントする

目次