MENU

アニメ『名探偵コナン』1037話感想・ネタバレ:ホワイトアウト(後編)

conan-1037
目次

『名探偵コナン』1037話のあらすじ

スキー場で薬品メーカー社長の石橋健吾が、医師の横山タケルを殺害したのを目撃してしまった歩美。それに気づかれたことでコナン、歩美、光彦、元太は、犯人の石橋から追いかけられることになる。逃げだしたもののコースを外れて雪道を歩くことになってしまい、さらにそこには石橋の仲間二人が待ち構えていた。ソリを使って追跡をかわしたものの、二人は石橋と合流し再びコナンたちを探し始める。

©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996:名探偵コナン

『名探偵コナン』1037話の見どころ

1.山小屋を見つける少年探偵団

石橋からの追手から逃げるために、コナンたちは雪山の中で偶然見つけた山小屋に隠れる。

コナンたちを追う、石橋たちだが、足跡を見失ってしまい、捜索に手間取る。(雪山がかなり吹雪いてきて、このままじゃ石橋たちも遭難するのでは?と思っていたが、案の定であったw)

コナンは山小屋の中で、携帯の電波が一瞬繋がった瞬間に阿笠博士と連絡を取り、警察の連絡とレスキューを頼むのであった。(この電話が結果的に、勝敗を分けた形となった)

2.移動を始めるコナンたち

吹雪が強くなり、壊れかけの山小屋では耐えられないと判断して、もう1つの山小屋へ移動することを決断するコナンたち。

少年探偵団4人でロープを体に巻いて、はぐれないようにしながら移動するのだが、山小屋の資材が吹き飛ばされてきて、その衝撃で4人ともはぐれてしまう。

conan-1037-img

©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996:はぐれないようにロープを体に巻いて牽引するコナン

「コナンのメガネやたらと便利だなぁ」と思っていた矢先に、コナンのメガネが吹き飛ばされて「そうだよね」と感じた次第である。

しかし、冷静沈着に「まず、メガネを探そう」という発想になるのは、コナンの場数の多さがうかがえる。高校生離れした、名探偵である。

3.救出されるコナン

コナンがなんとかメガネの機能を使って、はぐれた仲間を集めて、新しい山小屋にたどり着くのだが、直前に落雪にあって、雪に埋もれてしまう。

コナンが目を覚ますと、病院のベットの上であり、全て問題が解決した後であった。阿笠博士がレスキュー隊に連絡してくれたおかげで、コナンたちは助かったようだ。

石橋たちは案の定、あの吹雪の中、コナンたちを探している途中で遭難してしまい、レスキュー隊に助けられるという末路をたどった。(吹雪の中での追いかけっこは、逃げる方も追う方も命がけである)

前回の記事↓
》アニメ『名探偵コナン』1036話感想・ネタバレ:ホワイトアウト(前編)

『名探偵コナン』1037話の感想・考察

今回の話は、犯人との推理や直接対決というものではなく、自然(吹雪)との戦いであった。

犯人から逃げるよりも、吹雪の中で生き残るというのが重要な要素であった。

結果的に、コナンが阿笠博士に電話してレスキュー隊を呼んでいなかったら、コナンたちや石橋たちも遭難して死んでいた可能性がある。今回の一番の功労者は普通に、レスキュー隊といったところか。

\ 過去の名探偵コナンを見たい人はこちら /

↑Huluは無料体験2週間あり↑

コメント

コメントする

目次