MENU

アニメ『半妖の夜叉姫』44話感想・ネタバレ:妖霊星が墜ちる時

hanyo-yashahime-44
目次

『半妖の夜叉姫』44話のあらすじ

炎上する時の風車の扉から大量の魑魅魍魎が溢れ出す。被害を食い止めようと戦う犬夜叉達。一方現代で、地上へ墜ちる妖霊星を止めようと協力する夜叉姫達と希林理だが…。

©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020:半妖の夜叉姫

『半妖の夜叉姫』44話の見どころ・ネタバレ

1.妖霊星を受け止める

とわ達が妖怪退治をしている間に、希林先生が妖霊星の止め方を考える。

とわの斬星剣を使った決死の妖気吸収から、そこで得た妖気を妖霊星にぶつけたことで、妖霊星の勢いが弱まる。

hanyo-yashahime-44-img

©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020:斬星剣で妖霊星から妖気を吸うとわ

勢いが弱まった妖霊星を希林先生が受け止めて、なんとか地上に墜ちるのを阻止するのであった。

希林先生が麒麟丸の腕でありながらも、かなりの強さを持っているようである。終始、逆みたいな言葉遣いではあるが、妖霊星を体1つで止めてしまった。希林先生というか、麒麟丸の体がそれだけ強いのかもしれない。

とわも無理をして斬星剣を使ったので、動けなくなる直前まで体を酷使してしまう。これ以上はいけないとして、斬星剣を希林先生に取り上げられるのであった(これは当然の処置と言えるだろう、これ以上使わせるわけにもいかない)。

2.新しい力を得るために産霊山へ行くりおん

理玖によって救われたりおんが、新しい力を得るために産霊山(むすびやま)へ向かう。

産霊山の吸妖魂の力を吸い出して、りんごの形にして、りおんは取り出すのであった。

とわに渡した斬星剣と同じ能力を持っているので、これで麒麟丸に対抗しようと思っているのだろう。おそらく、麒麟丸が斬星剣にかけたような呪いはないだろうから、これがとわの手に渡れば、呪いの悪影響なしに麒麟丸と戦えそうである。

3.戦国の世へ行く希林先生

とわから斬星剣を受け取った希林先生は、受け止めた妖霊星とともに、戦国の世へ行くのであった。

希林先生が妖霊星を連れて、過去に戻ったため、ただでさえ妖怪で溢れかえっていた戦国の世が、さらに妖怪だらけになる。

希林先生はとわ達に対して「麒麟丸を倒す」と言っていたが、実際には麒麟丸と何やら取引をしているようだった。これは麒麟丸を騙して、妖霊星を麒麟丸に破壊させてから、麒麟丸を討ち取る作戦なのか、それとも最初から寝返るつもりでいたのかまではわからない。

希林先生の真意がわからないので、どういう行動にでるかわからない。本人は、令和の世界を美しいと表現していたので愛着があるらしいが、戦国の世のことをどう思っているかまでは不明だ。

前回の記事↓
》『半妖の夜叉姫』43話感想・ネタバレ:令和の時代に戻ってきたとわ達

『半妖の夜叉姫』44話の感想・考察

希林先生の指示と、とわの頑張りもあって現代での危機は去った。だが、とわ達が過去に帰る方法がなくなってしまったので、ここからは主人公たち不在で、戦国の世界の話が進んでいきそうである。

一応、過去の世界には犬夜叉もいるし、殺生丸もいるので、役者は十分である。

希林先生は「りおんの死」を聞いてかなりショックを受けていたので、過去ではりおん関連で何かやりたいことがありそうだ。

\ 『半妖の夜叉姫を見逃した人はこちら↓/

無料お試し期間30日あり↑

コメント

コメントする

目次