MENU

アニメ『ルパン三世 PART6』15話感想:次元の恋心と生き様

lupin-pt6-15
目次

『ルパン三世 PART6』15話のあらすじ

フランスの名門貴族・フェルナン伯爵の結婚。ルパンは、結婚式で花嫁に贈られるという伝統の宝石「マルセイユの涙」に狙いをつける。しかし花嫁の姿を見た次元には、いつもと違う表情が浮かんでいた。伯爵の結婚相手は、貴族の出身ではない一介の町医者・ミレーヌ。聖女のような優しさを持った彼女は、次元にとっても忘れられない存在で……。

©モンキー・パンチ/TMS・NTV:ルパン三世 PART6 第15話

『ルパン三世 PART6』15話の見どころ

1.今回の獲物はマルセイユの涙

今回、ルパンが狙うお宝はメンストル家が結婚のときにのみ、フィアンセに送る宝石『マルセイユの涙』である。

ずっと、幻の宝石と言われてきたが、今回の結婚に合わせて、宝石の画像がネット上にばらまかれた。ルパンはこの宝石を狙おうとするが、次元がそれに待ったをかける。

次元の調査の結果、フィアンセのミレーヌを付け狙う『ジャッカル』という身代金目的の誘拐犯が見つかる。ここらへんは、次元の「同業者への嗅覚」が役に立っている。

2.ミレーヌと次元の過去

次元は過去に、死を覚悟するほどの怪我を負ったことがあったが、それをミレーヌに助けてもらったことがある。次元にとって、今回の件は、その恩返しとも言えるだろう。

lupin-pt6-15-img1

©モンキー・パンチ/TMS・NTV:傷ついた次元を助けようとするミレーヌ

それ以外にも、ふたりはキスを交わすほどの仲には発展してはいた。だが、次元にとっての相棒はリボルバー銃「コンバット・マグナム」であり、ガンマンとしての生き方を貫くために、ミレーヌとの関係を断ち切るのであった。

実際、次元を助けようとしたミレーヌを一度、追い返した理由は「相棒とふたりきりで死にたかったから」である。次元はどこまでも、ガンマンとしての生き様を貫こうとしている。

3.マルセイユの涙の画像をばら撒いた犯人

謎であった『マルセイユの涙』の画像をネット上にばら撒いた犯人はフィアンセのミレーヌであった。

理由は、ルパン三世をそれによっておびき寄せて、ルパンの仲間として有名な次元が来てくれると思ったからであろう。

ミレーヌの次元に対する恋心はまだ残っており、それを吹っ切るために、最後にひと目、見たかったのかもしれない。

涙するミレーヌに対して、『マルセイユの涙』を海に投げ捨て「俺に涙はいらない」という当たりに、対比と別れが表現されていた。

次回の記事↓
》『ルパン三世 PART6』16話感想・ネタバレ:五エ門の終わりなき剣の道

『ルパン三世 PART6』15話の感想・考察

今回は、第8話以来の次元主人公回となった。次元の恋の話と、恋に対する次元の考え方を語った回。

今回の相手である「ジャッカル」については、次元の相手になっていなかったようだ、常に次元が先手を突き、先回りしてジャッカルを撃退した。

次回は、珍しい五エ門主人公回になりそうである。

》『ルパン三世 PART6』見逃し配信サイト比較【無料視聴あり】

コメント

コメントする

目次