MENU

アニメ『王様ランキング』8話見どころ・感想:世界一強い男はボッジ

osama-ranking-08
目次

今回(王様ランキング 8話)のあらすじ

ボッス王の強さの秘密と、ボッスとシーナの出会いが明かされる。
ダイダの体をのっとることで復活を果たしたボッスは、魔法の鏡に「今、世界で一番強い人物」を問う。
鏡に映ったその人物とは・・・

© 十日草輔・KADOKAWA刊/アニメ「王様ランキング」製作委員会:王様ランキング8話

今回(王様ランキング 8話)の見どころ

1.ボッス王の力の秘密

ボッス王は過去、魔人に「世界一強い男」にしてもらうために契約をしていた。その代償として、息子のボッジの力を奪って、自分の力にするというものであった。

強い子供を手に入れるために、世界一強い女のシーナにプロポーズをする。

すべてはボッスが「世界一強い男」になるためのものであったが、実際にボッジが生まれてからは、ボッジが何不自由なく暮らせる王国を作ろうという考えに変わっていくのだった。

ただでさえ、巨人族で強いボッスがより強い力を求めて、魔人に魂を売るのだが、その過程でシーナやボッジと出会い考え方が少しづつ和らいでいくのがわかった。

2.ミランジョの思惑

ミランジョはヒリングを暗殺したいようである。

ボッス自身はヒリング暗殺に積極的ではないようだが、ミランジョの暗殺計画を許可をする。

なぜ、ミランジョはヒリングを殺したいと思っているのだろうか?個人的な恨みがあるのか?それともヒリングの回復魔法が何かしらミランジョの今後の計画に支障をきたすのだろうか?

ボッスはミランジョに聞こえないように、ドーマスやドルーシ、ヒリングに自分の正体を明かしていることから、ミランジョとボッスの関係も一枚岩という感じではないようだ。

3.ホクロを助けに行くドーマス

正直にボッジが暗殺されたことをヒリングに報告したホクロは、ヒリングの怒りに触れて死刑を宣告される。

osama-ranking-08-hiringu

© 十日草輔・KADOKAWA刊/アニメ「王様ランキング」製作委員会:ホクロの報告に怒るヒリング

ドーマスとホクロは喧嘩別れしたはずだったが、何か思うところがあったのかドーマスはホクロを助けに行く。

ドーマスとしても、ホクロのように真っ直ぐな忠誠心で行動したかったのかもしれない。そんな忠誠心の高いやつが死刑になるというが許せなかったか。

ここでボッスは「城の地下にある冥府の入り口」を破壊するようにドーマスとホクロに命令する。これも、ミランジョには秘密にして命令していたので、二人の間に何か考えの乖離があるようだ。

ボッスはダイダの体を奪ってしまったことを後悔しているようなので、その原因となっている魔人や冥府との関係を断ち切ろうとしているのかもしれない。

4.世界一強い人間

鏡の力によって「世界一強い人間」が映し出されるのだが、それは「ボッジ」であった。

これはデスパーの修行の成果で、世界一の力を手に入れたと考えていいのだろうか?

osama-ranking-08-desupa-boltuzi

© 十日草輔・KADOKAWA刊/アニメ「王様ランキング」製作委員会:デスパーの修行を終えたボッジ

しかし、そんな短期間でそんな力を手に入れることが可能なのだろうか、元々ボッジに何かしらの資質があったのか、デスパーの教えが凄すぎたのかわからない。

次回の記事↓
》『王様ランキング』9話感想・考察:ヒリングの息子たちへの愛情

今回(王様ランキング 8話)の感想・考察

ベビンの過去回想が始まり、その結果、ベビンが生きていることがわかる。

ミツマタがベビンを助けたようだ。今後、ベビンが何かしらの形で物語に関わってくるのが楽しみである。

ボッスはダイダの体を乗っ取ってはいるが、ダイダの精神はまだ生きているようだ。これからダイダがふたたび体を取り返す展開になったりするのだろうか?

\ 『王様ランキング』を見逃した人はこちら /

↑無料お試し期間30日あり↑

コメント

コメントする

目次