MENU

アニメ『シキザクラ』3話感想・考察:楓・春子との仲も進展

シキザクラ_03
目次

今回(シキザクラ 3話)のあらすじ

これまでに無い、空を飛ぶタイプのオニの出現に翻弄される翔たちシロ組。
苦戦しつつも『成瀬 楓』の活躍で依代を救うことに成功する。調子にのる翔との会話で荒れる楓。
そんな楓を心配する親友の『山田 春子』だが、春子にも楓は心を開こうとしない。
翔は、そんな春子から楓の過去を聞くのであった…

今回(シキザクラ 3話)の感想・考察

三輪翔(みわ かける)もちゃんと仲間として戦っているシーンが演出される。今回から、仲間になったキャラの紹介を兼ねつつ話が進んでいきそうである。(今回は成瀬楓についてフォーカスが当たりそうな回だ。)

チラリとだが、「オニも進化している」という伏線が張られる。今後、新しいタイプのオニがガンガン出てくるのか?それとも鎧を着たオニでも出てくるのだろうか?

成瀬楓 (なるせ かえで)は過去にオニの依代になりかけたが、自分の意志を取り戻してオニに対抗した過去がある。その時に、逢花(おうか)たちにスカウトされたのだろうか?

そういえば、全員高校生っぽいけど、各キャラの細かい年齢はよくわかっていない。翔が山田春子(やまだ はるこ)ことを「春子先輩」と呼んでいたから、年上になるのだろうか?

1にも2にも「ヒーロー」一辺倒な三輪翔氏。セリフのほとんどが「ヒーロー」で構成されている。

主人公だけに許された「変身シーン」だと思ったが、これは各キャラに変身シーンがありそうだ。そして、楓が覚醒して飛行ユニットを取得、春子も覚醒して遠距離攻撃がパワーアップ。

今回で楓・春子との仲が進展した。次回は永津吉平(ながつ きっぺい)との話になりそうか?

今回のTwitter感想

前回(シキザクラ 2話)の感想・考察記事

コメント

コメントする

目次