MENU

アニメ | タクトオーパス | 5話感想・考察:ヴァルキリーの赤面めっちゃ可愛い

takt_op_Destiny_05
目次

今回(タクトオーパス 5話)のあらすじ

TVアニメ『takt op.Destiny』WEB限定予告:Chapter5「騎行-Valkyrie-」

レニー、タイタンと別れたタクトたちは、太陽照り付ける荒野を進んでいた。
その中、D2との戦闘の余波で大陸横断鉄道を急停車させてしまう。
鉄道から出てきたのは、二人のムジカートを連れた男・シントラー。
シントラーはニューヨーク・シンフォニカのトップコンダクターである『首席指揮官』だと名乗る。

今回(タクトオーパス 5話)の見どころ

1.タクトと運命のD2戦の成長

レニーからの基礎レッスンは終わったこともあり、タクト運命のD2戦はとても華麗になっていた。

レニーの教え方が良かったのか、タクトと運命の飲み込みが早いのかはわからないが、凄い速度で成長している。

タクト自体が音楽バカだったから、これだけすぐに成長できた可能性は高い。

2.選民思想丸出しのシントラー

シントラーの列車に乗せてもらうことになったタクトたち。

シントラーと会話していると言葉の節々から「自分は特別で、凡人を導かねばならない」という選民思想がダダ漏れている。

D2が攻めて来ても、シントラーは交戦しないことから、あの程度のD2に特別な自分が出る必要がないというのが垣間見える。

逆に言うと、シントラーから見てワルキューレは凡人のムジカートという風に見ているのかも知れない。

3.ムジカート・地獄の実力

大型D2を一撃で仕留める地獄から、実力の違いを見せつけられる。

シントラーも自分が特別と思うだけあって、本人の実力、そしてムジカートの実力は相当高いものなのだろう。

首席指揮官という肩書きもあるので、この世界でもトップクラスの実力の持ち主だとわかる。

4.勝手に部下にしようとして、勝手に恨むシントラー氏

シントラーが「首輪を付ける」とか言ってて何するかと思ったら、普通に部下にならないかとタクトに提案して、最速で断られてしまう。

プライド傷つけられたシントラーは、なぜか怒りの矛先をタクトへ向ける。

他に目的があると言っていたのに、なんで旅の途中の人間に部下になれと言ったのかよくわからない。

かっこよく「首輪を付ける」とか言うから、もっと搦め手で動きを縛るとか思ったが、まさかのド直球だったw

今回(タクトオーパス 5話)の感想・考察

新しいムジカート、ワルキューレと地獄が登場する回であった。

ワルキューレは今後、出てきて仲間になりそうな雰囲気もするが、ただ単にゲーム展開をするからキャラ紹介のために1回チョロっと出しただけの可能性もある。

逆に、地獄はその見た目、実力から今後、敵になりそうな匂いがプンプンした。コンダクターのシントラーもタクトのことをよく思ってないので、遠くない未来に戦いが起きることが予想できる。

今回のTwitter感想・評判

前回(タクトオーパス 4話)の感想・考察記事

コメント

コメントする

目次