MENU

ピッコマ『あなたの心がわかるように』17話、18話感想・ネタバレ:デートに誘うウィンター

your-heart-understand-17-18
目次

ピッコマ『あなたの心がわかるように』17話、18話の見どころ・ネタバレ

1.バイオレットを追いかけてきたウィンター

連絡もせずに帰宅しないバイオレットにウィンターは暴れ出す。暴れているウィンターにメイドのルルが正論を言ってウィンターを黙らせるが、それでも怒りは収まらない。

バイオレットはというと、オーゲル花園の晩餐会が始まり客が入ってくる。バイオレットが考えたサマーガーデンの案が好評を博す。客の中には前王室近衛隊長のケンジュスもおり、バイオレットの姿を見つけて挨拶をしてくれる。

みんなと談笑することでバイオレットの心は癒やされて自殺しようとしていたことが遠い昔のようだと錯覚する。そんな晩餐会にバイオレットを追いかけてきたウィンターが客人として現れるのであった。

your-heart-understand-17-18-img

©Kakao piccoma Corp.:晩餐会に客人として現れるウィンター

いつも黙って家を留守にするウィンターであったが、バイオレットが同じことをするのは我慢がならないようだ。バイオレットと違うところは、黙って我慢をするのではなく、晩餐会まで追いかけてくるところだろう。

バイオレット自体は家にこもってさえいなければ、かなり人脈の広い人物のようだ。元王族ということもあって、地位の高い知人も多い。

2.デートに誘うウィンター

ウィンターが差し入れしたワインが美味しく、飲みすぎてしまうバイオレット。帰り際に酔った勢いでバイオレットは離婚できないのなら、子どもが欲しいという。しかし、ウィンターは子どもは絶対にダメだと強く否定する。

後日、ふたりが食事を一緒にとっているときでもその話は続いた。ウィンターは子どもはダメだという一方で、その理由は語ろうとしない。バイオレットは離婚できない理由が「バイオレットを2400万ラクネという大金で買ったからもったいなくて」捨てられないのだと持論を述べる。

しかし、ウィンターはバイオレットに自分が所有している物件の多さを語り、金には困っていないことを教える。ウィンターは「お互いを理解するために努力する必要がある」と言って、バイオレットをデートに誘うのであった。

二人は徐々にではあるが、自分の情報を出していき、勘違いしている部分が正されていく。ウィンターは問題点は「お互いがお互いのことを知らなさすぎる」点だと思い、デートでそれを解消しようとする。

ウィンターの「自分は粗暴だからそこも汲み取った上で理解してくれ」という申し出は、二人のコミュニケーションでは大事な部分だと思われる。二人とも思ったことを言わなかったり、乱雑に話すことからすれ違いが起きている。

ピッコマ『あなたの心がわかるように』17話、18話の感想・考察

家族でバイオレットのことを気遣ってくれる人はいないが、それ以外の友人たちならバイオレットの味方になってくれる人も多そうだ。エンナ夫人はアッシュの性格を見抜いていたことから、アッシュのやり方が汚いということは社交界には広まっているのかもしれない。

離婚したいバイオレットとは対照的に、ウィンターはバイオレットとの仲をなんとか取り持ちたいと思う気持ちが強いようだ。ウィンターなりにバイオレットのことは気にしてはいるのだが、この3年の結婚生活でその思いは全く伝わっていない。

コメント

コメントする

目次