MENU

ピッコマ『4年生』10話感想・ネタバレ:ウビンの倫理観

4th-grade-10
目次

『4年生』10話の見どころ・ネタバレ

1.キム先生に連絡するミリン

ミリンは、ウビンが猫を死なせてしまったことに耐えられなくなって、キム先生に助けを求めに行く。

キム先生は、ウビンを捕まえて一緒に猫を埋葬するのであった。

そこで、キム先生は「ミリン先生にプレゼントをするな」「生き物をロッカーに入れるな」と注意するのだが、ウビンはその理由がよく理解できていない様子だった。

さすがに、キム先生もウビンの異常性に気づいたようで、キム先生はすぐに校長先生に「ウビンの治療」を進言するのであった。

4th-grade-10-img

©Kakao piccoma Corp.:校長にウビンの治療を進言するキム先生

ウビンが「どうしてですか?」と返答したのは「プレゼントをするな」と「生き物をロッカーに入れるな」の両方ともに対してだろうか?

ウビンは躊躇せずにホソクのことを殴り倒したりしているので、「生命への価値観」がもしかしたら無いのかもしれない。

2.完全に参ってしまうミリン

キム先生に助けを求めた後のミリン先生は倒れ込んでしまう。

完全に参ってしまったミリンは、彼氏のジョンハを呼んで、母親のいる実家に帰ることにするのであった。

いままで、ウビンを「なんとか治せる」と思っていたミリンにとっては、あまりにもショッキングな事件だっただろう。

これまでだと、一番精神的なショックが大きかったと思われる。

ミリン先生だけの見解とは違い、キム先生もウビンに対しておかしな点を把握し始めたので、これから何かしらの対処がされるのだと思われる。

『4年生』10話の感想・考察

4年生の子どもが猫を死なせてしまうというのは、絶妙なラインである。だが、「なぜ生き物をロッカーに入れてはいけないのか?」という問いに対しての解答は、ウビンはアウトという感じはする。

ウビンの中での「倫理観」というのが、今後語られていったりするのだろうか?

前回の記事↓
》『4年生』9話感想・ネタバレ:ウビンの両親と話し合うミリン

コメント

コメントする

目次