MENU

ピッコマ『ゴッドオブブラックフィールド』92話感想・ネタバレ:緊張感が抜けない西恭弥

god-of-black-field-92
目次

『ゴッドオブブラックフィールド』92話の見どころ・ネタバレ

1.ドラマ制作での問題点

DI所属の愛子をドラマに出す関係上、相手は知名度の高い人気俳優を使いたい。

しかし、恭弥の会社は莫大な投資を受けた上に、新しい会社であることから、他の芸能事務所や制作会社から睨まれてしまっている。

新人イビリと言わん限りの嫌がらせを受けるのだった。

ここで、恭弥の力や知恵を借りるのかと思ったが、あくまでこれは報告であり、ミシェル本人で問題を解決するようだ。

実際、ドラマ制作に関しては、西恭弥は門外漢なので、アドバイスできることは何もないだろう。

2.緊張感が抜けない西恭弥

両親との会話で「ネクサスホテル」という単語が出てきたときや、スマホが鳴ったときにすぐに戦闘態勢に入る西恭弥。

シャフランは完全に無力化しており、敵対する相手もいないのだが、緊張感が抜けきれてないようだ。ここらへんは、傭兵だったこともあり、常に気を抜かないというのが習慣になっているのかもしれない。

恭弥は、今の家族を大切に思う一方で、転生前の前の家族についても考えを巡らせる。恭弥の態度から、それほど仲の良い家族ではなかったと予想できる。

『ゴッドオブブラックフィールド』92話の感想・考察

恭弥の両親が同窓会をする場所と、恭弥がドラマの会議をする場所が「ネクサスホテル」で一致することに、恭弥は嫌な予感を感じる。確かに、なにかイベントを起こすとしたら、ネクサスホテルでのタイミングが一番良さそうではある。(しかも、ドラマの会議なのでダエルや京極社長の力は借りられない)

god-of-black-field-92-img

©Kakao piccoma Corp.:ネクサスホテルが会議場所を聞いて悪い予感がする西恭弥

今回は、珍しく「転生前の西恭弥の過去」について少し触れられた。恭弥にとって昔の家族に思うところはあるようだが、未練はないようだ。恭弥にとって、今の両親が「家族」であり、守るべき対象である。

おすすめ記事

前回の記事 → 漫画『ゴッドオブブラックフィールド』91話感想・ネタバレ:暴力沙汰に怒る西恭弥

コメント

コメントする

目次