MENU

ピッコマ『ゴッドオブブラックフィールド』95話,96話感想:幸せすぎるがゆえに不安になる恭弥

god-of-black-field-95-96
目次

『ゴッドオブブラックフィールド』95話,96話の見どころ・ネタバレ

1.国賓モードで待遇される西夫妻

同窓会で見下されている西夫妻の元に、ネクサスホテルの総支配人の松田が現れて挨拶をする。

松田は国賓待遇として、西夫妻に接待をして、専用の個室を用意する。

何かの間違いかと西夫妻と同級生たちが困惑するのだが、そこに西恭弥とミシェルが現れて、VIP待遇の理由が語られる。

実際に、何も嘘は言ってないし、本当にVIPだから、西夫妻がこれぐらいの待遇を受けるのも普通なのかもしれない。

普段は、高待遇を煙たがる恭弥だが、今回はそれをフル活用している。

2.恭弥の実力と実績を見せつける

恭弥は、両親を見下していた同級生たちに、これでもかというほど実力と実績を見せつける。

実際、フランス語はペラペラだし、フランス大使とは懇意にしているので何も嘘はついていない。むしろ、過小報告してるぐらいである。

恭弥の両親の名誉を守った形になったわけだが、実際はマウント合戦をして、相手より上を取ったという感じである。(好戦的な恭弥らしい解決策ではある)

『ゴッドオブブラックフィールド』95話,96話の感想・考察

すべてが順調に行き、幸せを感じる恭弥だが、それゆえに不安も感じ始める。傭兵の癖なのか、最悪の場合を想定してしまうのかもしれない。

実際に、裏ではアリオンの如月薫(きさらぎ かおる)がDIファミリーの女優に直接脅しをかけるというやり方をしていた。矢面に立つ恭弥だけの戦いだと強いのだが、それ以外から切り崩されると意外と脆いのかもしれない。

god-of-black-field-95-96-img

©Kakao piccoma Corp.:裏でDIファミリーの女優を脅す薫

おすすめ記事

前回の記事 → 漫画『ゴッドオブブラックフィールド』94話感想・ネタバレ:売り言葉に買い言葉の結果

コメント

コメントする

目次