MENU

アニメ『時光代理人』1話感想・ネタバレ:トキの過去改変でエマが死亡する

link-click-01
目次

アニメ『時光代理人』1話の見どころ・ネタバレ

1.トキとヒカルの能力

ヒカルは、写真を見てそのなかで何が起こったのか知ることができる能力を持つ。トキは、写真の中に入って写真を撮った本人として行動することができる。12時間という制限時間がある。

逆にいうと、写真を撮ってから12時間で何が起こったのかヒカルは知っているし、トキは12時間、写真に入って過去を変えることが出来る。

この二人の能力を使い、依頼者からの情報を入手するというのが、「時光写真館」の仕事である。

トキが必死に働く理由はリンに借金があるらしく、その返済のために、危ない橋を渡って能力を使っている。

2.能力使用時のルール

ヒカルは能力使用前、そして使用中に口を酸っぱくして「過去を絶対改変するな」「未来は聞くな」と言っている。

未来を知ると「過去を変えたくなってしまう」し、過去を変えてしまうと「どんな影響が出るかわからない」からである。(実際に、今回はたった一文、両親に文章を送った結果エマは殺害されてしまった)

link-click-01-pic1

©bilibili/BeDream:今回の写真のダイブ対象であるエマ

ヒカルはその能力から「未来を知っている」が、それをトキには教えない。なぜなら、未来を変えたくなってしまうから。どうして、口酸っぱく「過去を絶対改変するな」と言っていたのかがよくわかる。

3.バタフライ・エフェクト

過去を少しでも変えたことで、未来が劇的に変わってしまうことがある。今回は、トキが良かれと思ってやった行動が、エマを殺してしまう結果になってしまった。

しかも、えげつないのはその結果をトキとヒカルは知ることができないところだろう。能力は12時間しか使えないので、その後、エマがどうなったのか知るよしもない。(仮にわかっても、12時間制限により、もう運命は変えられない)

1話から、エマの死を持ってして、「過去改変がどれだけ恐ろしいことなのか」を印象づけた回であった。

『時光代理人』1話の感想・考察

今期No.1の小難しいアニメが始まったような気がする。「攻殻機動隊」のような、重さや息苦しさが作品を覆う。

中国のアニメらしいが、「少人数で話が進む作品」は好きなので、かなり自分に合っているかもしれない。(今まで中国や韓国製作のアニメを見てきたが、合わないことが多かった、今回始めて合ってると思えた作品かもしれない)

トキが財務データを見たときに、ヒカルが財務データの情報を入手していたが、なぜそれができたのかはよくわからない。トキが写真の中で見たことを、ヒカルのスマホにデータとして保存する手段があるということだろう。

最後に、エマに話しかけた男性がエマを殺したと考えるべきだろうか?作品を通してのボスキャラみたいな感じか?

元々は中国のWebアニメであり、2021年4月から7月までbilibiliで配信された。2021年10月にはミニキャラクターによる短編アニメが配信され、2022年には第二期が配信予定らしい。それだけ人気の作品ということなのかもしれない。

コメント

コメント一覧 (4件)

  • 正直いうと中国アニメを見て、初めて違和感なく感じた。
    カメラが良い。玄関を低く引いて捉える定点カメラ。目線引いたり目の表情が良いのは、キャラデの良さというより、いい意味でのクセの強さなのかな。
    そして、最も良いのはこういう企業だとか経済系の描写。日本アニメは本当にダメなんですが、これが本当に良く描けてる。日本だと正直実写ドラマでさえ噓臭さを感じる中で、本当に違和感がない。例えば日本のドラマだと、このシチュエーションである(ネタばれかな)財務諸表確定前情報を取得するということを「インサイダー情報を取得する」などと言い換えてしまうけれど、こいつは、これをもっと淡々と描いている。浅すぎず深すぎず30分で納めている自然さ・スマートさ。日本でいうとどんな具合なんだろうか。サイコパスって感じかな。ちょっと例えようがないかな。
    脚本の良さと、これを受け取る「視聴者側の賢さ」を前提に作られている事に率直に驚いた。日本だとこういう企業活動をリアルに描くことに及んでしまうのだろうが、この描き方で伝わる一定量の視聴者数が居ると信じている作り手に、ちょっと嫉妬を感じる。
    まだ1話だけだけど、すごいなと思う。

    • 自分も違和感がなくて驚きました。
      どうしても、中国や韓国が原作や制作のアニメだと、「名前」や「用語」に慣れ親しめず、敬遠しやすい傾向になります。(この作品は中国語の本名がありつつ、日本人の馴染みやすいニックネームを使ってくれている)

      「封神演義」などからくる、中国の仙人の話を盛り込むのは、中国作品としては強みを活かす一方で、その文化を知らない人からすると作品に、のめり込めないというデメリットもあります。

      「時光代理人」の1話はどの国でも起こりうる、会社の不正、上司からのパワハラ、家族との絆などが描かれており、色んな国の人が見ても感情移入しやすい構成になっていたと思います。

  • ここに書いてある通り 改変後の世界でエマが自殺したとは思えないですよね。両親に会いたがっていたのに。最初はてっきり1話の最後は改変の影響を受ける前の世界線で、改変後はしっかり両親に会える予定なんじゃないかと勘違いした。(でもこれだと謎の男が意味深)
    死亡したというニュースで1話は終わったけど2話の最初で改変されましたよ的な流れになったりするのかな?(無理矢理希望的観測)
    自殺するのがCFOの妻に変わるとか。

  • 中国アニメの吹き替え、初めて見ました。そして文化の違いを感じつつ、続きを見たいと思える内容でした。1話については、財務諸表確定前情報を取得してCFOが逮捕されることになり、未来が改変されたことで、自殺を装ってエマが組織(あの男)に消されてしまったのだと思ってました。が、ラインで一文送ってしまったことで両親を追いかけることになり、たまたまぶつかった男にただ誘拐&殺害されたのであれば、改変したせいで命を落としたことになりますね。いずれ明らかになるのかな。

コメントする

目次